BLOG40代婚活・特集記事

40代婚活に成功した人がやったこと-成功法則10選

私は青木一郎と申します。かれこれ10年以上、40代専門の婚活コンサルタントをしています。これまで約1,000人の念願成就に携わってきました。

「結婚相談所で何年も活動しているのに上手くいかない」「婚活サイトで惨敗した」「恋人いない歴=年齢」といった日本全国の婚活で悩む40代をゴールに導いてきました。

その私から、「ここは絶対に押さえるべし」という40代婚活の成功法則を10か条にまとめてお伝えしたいと思います。

40代には、40代なりの成功セオリーがあり、それを知っているか否か。実践するかどうかで、40代にとっての婚活のあり方が抜本的に変わります。そして人生のあり方さえ左右することでしょう。ぜひ最後までお読みください。

前書1. 40代男女の婚活成功率は?

本題に入る前に、興味深い話をいくつかしましょう。

まず一つ目は日本有数のシンクタンクである、三菱UFJ R&Cの調査結果。テーマはかなり婚活を頑張った人の成婚率について。結果は、

・40代男性の婚活成功率:41.5%

・40代女性の婚活成功率:28.6%

40代は婚活をがんばっても6〜7割の人は失敗に終わる。同じ調査の他の年代に比べて成功率は低い(例:20代後半は男女ともに成功率が約70%)。何故でしょうか?

前書2. 40代婚活が厳しい理由

以下をご覧ください。40代になると異性から敬遠される要素が続出するからです。

  • (身体的)見た目が老ける。男性は精力が衰え、女性は妊娠リスクが高まる。つまり異性としての魅力が低下する。
  • (社会的)子供が成人になる前に定年を迎える。親の介護問題が現実化しやすい。

その結果、大半の40代男性は20代~30代前半までの女性を希望しますが、その年代の女性からは避けられる。40代女性も同じ。希望する年代の男性(同年代かやや年下)から引き合いはほとんどない、という残念なアンマッチ現象が起きてしまいます。

でもご心配なく。次の様な希望が持てるデーターもあるんですよ。

前書3. 40代男性の3分の1が20代~30代前半までの女性と結婚

厚生労働省の調査によると、40代男性で30代前半迄の女性と結婚した人の割合は、何と約33パーセント。3人に1人は、という結果です。

よく「40代で若い子と結婚するなら、経済力がないと無理」と言われますが、年収1千万円以上の男性が全体の6%しかいないことを考えると、フツーの40代男性でも30代前半までの女性と結婚するのはフツーの事と言えるのではないでしょうか。

婚活業界では「40代はニーズがない」と言われています。40代男性が20代と結婚したい、というと鼻で笑われます。がしかし。40代婚活の専門家である私からすると、「やり方次第」なんですよね。ではその「やり方」とは?

“さぁ、ここから40代婚活の鉄則10か条がはじまるよ~”

まずは問題です。婚活に真剣な異性が集まっている場所と、それほどでもない処。どちらが40代の婚活に適しているでしょうか?

第1か条.自身が不利になる婚活の場は避けるべし(例:結婚相談所)

答えは後者(それほどでもない処)です。なぜなら、婚活に真剣であればある程、相手に求める条件が厳しくなるからです。

例えば、結婚相談所は婚活に最も真剣な人が集まる場です。経済通産省の調査によると、その会員と一般の未婚者を比較したところ、結婚相談所の会員の方が「年齢」や「容姿」など相手に求める条件が2〜3倍も厳しいとのこと。

これでは年齢の不利を抱える40代には厳しいですよね。「アウェイでは戦わない、避けるべし」という至極当たり前の格言でございます。

ちなみに、経済通産省が結婚相談所のほぼ全事業所(3,669ヶ所)を調査したところ、驚愕の実態が明らかになりました。

・結婚相談所の成婚率、男性は7.9%、女性は8.6%

男女共に成功率が10%以下って…。これは20代や30代も含んだ数値。異性からの反応が芳しくない40代はさらに低い数値でしょう。こういった”そもそも論”があると言うことを申し上げた上で、次の鉄則は…

第2か条.勝率の低下を、圧倒的な数でカバーせよ(目安:会員数100万人)

前述のとおり40代は婚活的な視点ではウィークポイントをたくさん抱えています。20代30代に比べたら仮に同じ条件(例えば年収、容姿)でも、年齢がゆえに婚活の場における勝率は低下します。

しかし40代でもOKで、趣味趣向が同じで話も合う、そんな異性はいるものです。例えばファザコンや熟女好きっていますよね? 割合は低いでしょうが。

婚活とはそうした一人を捕まえれば大成功。だから「勝率の低下を、圧倒的な数でカバーする」戦略が効力を発揮するのです。

●婚活サービスの会員数に着目せよ。数十万人規模の会員数は必須条件、数百万人が理想的。これ、お忘れなく。

・会員数だけでなく、回転率にも着目せよ

会員数だけでは片手落ち。会員の回転率も大切な要素です。新規の入会者も辞める人も多ければ多いほどいい。逆のケースで効用を説明しましょう。例えば結婚相談所の回転率(新規会員÷全会員数)は平均26.4%。すると何が起こるのか?

入会して半年くらい経つと、異性の会員リスト(=条件検索結果など)が「いつ見ても同じメンツ」になります。これでは可能性が限定されてしまいます。

●回転率にも着目せよ。最低でも100パーセント以上が選択の目安。

ちなみに婚活サイトの回転率は平均122.5%。だから、やっている方はご存知ですよね。アプリを開く度に新しい会員がバンバン画面に表示されることを。

しかも大手の婚活アプリは会員数も莫大で100万人、200万人は当たり前の世界。だからこそ40代は次の鉄則を見過ごす訳にはいきませんぞ、

第3か条.婚活アプリを舐めたらあかんぜよ、(婚活成功者の6割が使用)

40代の皆さんにとって、インターネットでの出会いと言うと「怪しいー」イメージが頭にこびりついているかもしれません。でも「舐めたらあかんぜよ、」。

近年、「婚活アプリ」と言ってスマホのアプリで交際相手を見つけるサービスが急成長しています。それに伴い結婚相手と知り合った場所としても急成長。

リクルートが運営する「ゼクシィ総研」によると、婚活に成功した人のうち約6割がアプリで結婚相手を見つけ、結婚相談所や婚活パーティーの約3倍ものカップルを生み出している、とのこと。

もちろん40代のユーザーも急増。そりゃそうです。フツーに容姿や条件がいい異性が何十万人もいる。男性は有料。女性は会費は無料だけど、相手探しは真面目。そうした相手へのアプローチは「いいね!」と言うボタンを押すだけ、とハードルが低い。しかも会費は月額3~4千円程度。

”いや〜、そうは言っても怪しいし、怖いし、半信半疑” と訝る方に申し上げたいことがあります。それは…

海外に目を転じると、映画スターのベン・アフレック、シャーリーズ・セロン、ドリュー・バリモアなど枚挙にいとまがありません。(そして繰り返しになりますが)日本では婚活の最も有力な手段になっている。もう本当にそんな時代…

がしかし。入会しただけでは成果は得られません。スポーツやゲームと同じでルールやセオリーがあるのです。だからやっぱり「舐めたらあかんぜよ」。

第4か条.おじさん臭い外見、オバチャンぽい容姿を一新せよ

婚活アプリで成功するセオリーとして真っ先にあげるべきは、「最高のプロフィール写真を掲載すること」です。これが目立つように画面設計(UI)されているから手抜きは禁物。

だから被写体として「おじさん臭い外見」「オバチャンっぽい容姿」は改めた方がいい。またリアルの世界で会う時も「仕切り直しの第一印象」となる。まずは万全の体制でスタートラインに立つことを心がけてください。

百聞は一見にしかず。下のイラストをご覧ください。自明の理と存じます。

ここで注意しないといけないのは、婚活中の40代男女の自惚れです。婚活大手IBJが自社の会員に対して「実年齢より若く見える」と思うか質問したところ、

(ごめんなさい)笑止。多くの人はこれを「ネタ扱い」にすることでしょう。私も賛同。なぜなら、婚活をしている40代のプロフィール写真を、日本で最も多く見ている私自身がこうして「ネタ扱い」しているからです。私の体感値としては次のとおり、

”「実年齢より若く見える」40代婚活中の男女は1割いるかいないか”

第5か条.東京大学が提唱する「婚活の複数効果」で成功率を2倍に上げよ

一つの婚活手段だけでなく、複数の場で活動すると成功の確率があがります。例えば結婚相談所だけでなく婚活アプリをやるとか、アウトドア系の婚活イベントやパーティーに参加するなど。

複数の場で活動すれば、出会うチャンスが増大。加えてタイプが違う婚活の組み合わせは、自身とサービスの相性の良し悪し、流行り廃りによる好不調の波を平準化します。まぁシンプルにいうと「あちらがダメでも、こちらはOK」ということですね。

東京大学の社会科学研究所の調査によると、3つ以上の婚活をすると、1つの人より約2倍も成功率が高まる、とのこと。

第6か条.「条件の妥協」より「交際力」を磨くべし

結婚相談所のアドバイザーがよく口にするセリフ「もっと条件を広げたらいかがでしょうか?」の効果は、男性にとっては限定的。例えば「年齢」の条件をゆるめた場合、婚姻率がわずか4%アップする程度。対する女性は、年齢の条件を緩和すると約40%と男性の10倍もアップします。

“これは何を意味するのでしょうか?”

異性関係をリードするのは男性の役割。女性は条件をゆるめて間口を広げると、後は男性のアプローチに身を任せればゴールに辿りつける。男性の場合には、条件をゆるめるとマッチングしやすくなる。でも自らがリードして「交際」を「結婚」まで発展させなくてはいけない。

この調査の対象は結婚相談所の男性で、恋愛経験に乏しい。だから如実に10倍もの差が出るという訳です。

つまり、女性は受け身だから容姿を磨いて「条件の妥協」が必殺技になる。一方の男性は1割くらいは「条件妥協」効果があるけど、9割は女性をリードする「交際」力が必須。

恋愛経験が少ない40代男性には金言となるはず→「条件の妥協」より「交際力」を磨くべし。

いやいや、40代女性にとっても同じく金言。特に年下男性や草食系など「待ちのスタンス」の男性を相手にするなら、要所要所でさりげなく相手をリードすべし。私の知る限りハンデ戦を勝ち抜いた40代女性はすべからず「交際力」に優れていました。

第7か条.聞き上手に徹するべし(えっ、無理?)ならば8か条につづく

交際力の核になるのがコミュニケーション能力です。がしかし。40代の婚活で苦戦を強いられる主たる原因の一つが「異性とのコミュニーケーション不全」。だからこれを何とかしないと、結婚というゴールは遠のいたまま、ということになります。

さて、古今東西「聞き上手はモテる」と言われています。男女共に会話のニーズが「話を聞いて欲しい」にあるからです。女性は「ねぇねぇ~聞いてよ」に代表される「共感して欲しい」欲求。男性の場合には自慢話が典型例の「能力の誇示」欲求がニーズの根底にある。

もちろん婚活の場でも「聞き上手はモテる」は金科玉条。女性なら(相手の能力誇示欲求を満たすべく)「すごーい」と合いの手を入れながら男性の話を聞く。

男性なら頷いたりして共感を示しながら相手の話を聞く。すると好感度は爆上がりする。だから”聞き上手に徹するべし”と言う三段論法が成り立つわけですが…

この話、婚活で苦戦している40代の方々は、きっとこう思うことでしょう→「そんなの知ってる」「傾聴の3原則守ってるし」「でも上手くいかない」と。

第8か条.「話し方を教わる」のではなく「話ぐせを矯正」すべし

婚活をしている40代諸氏は勉強熱心なので、知識はあるし実践もしているのです。でも上手くいかない…。

お見合いは何とか切り抜けられても、2人でデートをすると40分から1時間経過したくらいから苦しい展開になり、最後は沈黙が多くなり撃沈というパターンを繰り返す。

結婚相談所にアドバイスを求めても「笑顔を増やして」や「聞く8:話す2」など的外れなアドバイスがあるだけで原因すらわかりません。

でも私にはわかります。なぜなら、婚活中の40代男性が女性と実際にデートした様子を録音し、それを何百ケースも聞いているからです。

・デートの会話録音分析でわかった衝撃の真実とは?

婚活コンサルティングの一環で行っているのですが、2時間位の会話を録音データーから全て文字起こしをして、どこが良かったのか悪かったのか、一つ一つ原因を洗い出した上で改善策をアドバイスしています。

結果を伝えると多くの人が「こんなに話を聞いていないとは思わなかった」とショックを受けるのですが、私がこの数百ケースにのぼる録音分析を通じて得られた真実は、

” 会話が崩れるのは誰でも同じパターンを辿るが、そのキッカケになるのは「話ぐせ」、それは一人ひとり違う”

ということです。要するに、会話ノウハウ本に書いてあることは一般論で効果が薄い。異性とのコミュニケーション不全に陥っている人の処方箋は、症状に合わせて各自違うものであるべき。でないと真の聞き上手にはなれない。だから、

”「話し方」を教わるではなく、「話ぐせ」を矯正すべし”

40代の場合、長年のクセが心身に染み付いて骨絡み状態ですから殊更重要な鉄則ですぞ。

第9か条.滝川クリステルの至言に従うべし(デート3回の法則)

// この鉄則は男性向けである。何故なら交際をリードすることは男性に課せられた聖なるミッションであるからだ //

「デート3回の法則」というものがあります。作家の林真理子氏が小説の取材で全国の名だたるプレーボーイを取材したところ、「3回目で落とす」と皆が口を揃えたそうです。

結婚相談所でも「3回目」がマイルストーンになります。「少しでも相手を気になったら会ってください」と強いアドバイスが発出されている中、お見合いからデート2回目までは様子見するが、3回目のデートがその先に進むか断るか判断する節目になるのです。

だから、当初3回のデートは極めて重要。全てが勝負と心得るべし。最高の身なりで、最高のデートコースで万全を期すべし。要するに滝川クリステルが世界に向けて発信したアレです、「お・も・て・な・し」。

第10か条.40代は、土壇場に備えあれ

いい相手を見つけて、交際も順調に進み、プロポーズで互いの意思を強固にする。しかし40代の場合、ここから先に鬼門が待っていたりします。

例えば相手の両親が「40代でいいのか」「生活回るのか」などイチャモンをつけるとか。若い時のように勢いで結婚することができず「本当にこの人でいいのだろうか」と迷いの無限ループにハマったり。婚前旅行に出かけたのはいいが、夜の床で大失態をやらかすとか。

最後の詰めの段階で予期せぬ突発事故が持ち上がることがあります。40代は後がない。もしハンドリングを誤ると致命傷を負うことになりかねない。だから、これが締めの格言となるでしょう。

“40代は、土壇場に備えあれ”

そのためには良き相談相手、良きアドバイザーを確保するべき。例えば私の様な40代専門の婚活コンサルタントを。手前味噌になりますが、あなたにとって最強の助っ人になることでしょう。

まとめ

一般的な40代婚活の成功率は前述したとおり30〜40%。しかし「やり方」次第で可能性をぐんと上げることができます。ここで挙げた10の鉄則は私が10年に及ぶ40代向けの婚活コンサルを通じて洗練させた「やり方」です。

そして実は私自身も40代婚活の経験者。49歳の時に24歳年下の女性と結婚しました。表題の「40代婚活を成功した人」のうちの一人。だから胸をはってこう申し上げましょう、

”40代の婚活、私が「証明」です”

ごめんなさい、ベタなキャッチフレーズで。40代の婚活を通じて皆さまの人生がより彩の深いものになることを陰ながら祈念しています。

番外編その1.40代再婚の意外な実態(バツありの方が若い女性と結婚)

40代男性で再婚希望の方に耳寄りな情報があります。それは、

男性だけでなく、40代の女性も未婚者より再婚者の方が数が多いし成婚もしやすい。さらにお伝えしたい世の中の実相としては、子連れの方が…

やはり経験は伊達ではない、ということ。だから再婚希望の方は臆することなく、婚活という大海原に打って出ていただきたい。ただ色々とご無沙汰だったことと拝察します。何を着ればいいのか。最新のデートコースは?とか。だから40代の再婚希望は最も必要なのは情報のアップデート…

・参考記事:40代では再婚の方が「成婚しやすい」驚きの実態!4つの成功ルールとは?

番外編その2.婚活ブログを読むよりタメになるもの

40代の婚活は苦難の連続。だから「同じ40代で婚活している人はどうしているんだろう」と他人様が気になるもの。で、このテーマのブログを読んでみる、という行為に至ります。

「あ、それそれ、私も…」と共感することがあるでしょうし、何がしらのヒントも得られる。だから、40代の婚活の体験記=ブログを読むことは有用です。

ただし、そもそも基本的には失敗談なわけです。そして個人的な体験なので再現性があるか疑わしい。正しい成功手段の知識を得る可能性は低いと言わざるを得ません。

ならは、実績多数の40代特化の婚活コンサルティングを検討するのも一計です。

 

*主な参照資料:

みなさん、ご安心ください40代の婚活、
私が証明です。

当ブログ記事の著者、青木一郎自身も自らのメソッドを活用して、
49歳で24歳年下の某メディアでエリート美女と騒がれた女性と
結婚することができました。40代男性向け最強・婚活メソッド。
テレビ・新聞・週刊誌で話題沸騰!

詳細を見る

関連記事

人気記事

最新記事