BLOG40代婚活・特集記事

40代では再婚の方が「成婚しやすい」驚きの実態!4つの成功ルールとは?

私は40代専門の婚活コンサルタントをしている、青木一郎と申します。

これまで約1千人の念願成就に携わってきましたが、そのうち離婚経験者は全体の約35%。手前味噌になりますが、この分野の第一人者と言えるでしょう。

その私の経験から申し上げると、40代の場合、未婚者より離婚経験者の方がスムーズに結婚までのプロセスを進められます。一般的にも40代再婚者の方が希望する相手との成婚率が高いというデーター(厚生労働省・人口動態調査)があります。

この記事では、知られざる40代再婚の実態と、婚活のコツをお伝えします。「再婚したい」とお考えの40代男女にとっては必読です(!)。ぜひ最後まで読んでください。

1.【意識調査】結婚したい相手が離婚経験者でも気にしない人の割合

40代で再婚を目指す人が、まず最初に気にすることは「バツありに対する許容度」ではないでしょうか。まさにドンピシャの調査結果があるので紹介しましょう(all about調べ)。

・男性に対するQ&A結果。もし結婚したい女性が離婚経験者だったら…

・女性に対するQ&A結果。もし結婚したい男性が離婚経験者だったら…

男女共に、相手が離婚経験者であっても大半の人は気にしないんですね。しかし、これには「ただし書」がつきます。” 子供がいない “というただし書が。

●【意識調査結果①】男女共に「子供がいない離婚経験者」に対する許容度は高い

では「子供がいる」場合はどうなるのか。次のチャートをご覧ください。

・男性に対するQ&Aで、もし結婚したい女性に子供がいたら…

・女性に対するQ&Aで、もし結婚したい男性に子供がいたら…

うーーん。男女共に「子なし」よりは許容度が大幅に下がるんですね。ただし男女差がある。男性は年齢が上がるにつれて「子連れ」でもOKな人が増加します。特に50代になると過半数が「子連れ」でもOK。

一方の女性はシビアです。男性より離婚経験者に対する許容度が低い上に40代50代でも「子連れ」OKなのは3割程度。

●【意識調査結果②】男女共に、子連れを敬遠する人が増える

この意識調査を是とすると、離婚経験者や子連れの人は、未婚者や子なしの人と比べると婚活に苦戦することになります。がしかし、事実は小説より奇なり。実際に婚活→結婚に至った人たちを調査すると、とても意外な事実が浮き彫りになるのです。

2.【実態調査】再婚や子連れの方が「婚姻しやすい」

婚活会社IBJの実態調査です。自社の会員で成婚した男女が対象。「成婚のしやすさ」を指数化し、婚姻歴のあるなし、子供の有無で比較したところ、

・男性の比較結果:

  • 初婚より再婚の方が1.2倍「成婚しやすい」
  • 子アリで同居している方が、「子なし」の男性より1.4倍「成婚しやすい」

意識調査では、女性は”離婚経験者+子連れ”を避ける傾向にありました。実態は逆なのです。

・女性の比較結果:

  • 男性と同じで初婚より再婚の方が「成婚しやすい」。ただその割合は1.07倍と男性よりは少なめ。
  • 子連れケース。男性とは異なり「成婚し辛くなるのです」。子供と同居の場合、マイナス7ポイント。子供と同居していない場合はさらに激しくマイナス22ポイントのダウン。

この結果、いろいろな事を示唆していますね。男性の場合、子連れで同居ということはシングルファーザーということです。仕事も子育ても頑張った。だからバイタリーもあるし、責任感もある。男性として人として魅力的、という事ではないでしょうか。

女性の場合、相手となる男性が自分の子供を欲しがる志向があるのかもしれません。また男性と同じ理由で、子育てしているシングルマザーは人としての魅力を感じさせるのでしょう。

次にもう一つ意外なデーターを紹介します。

3.40代男性はバツありの方が若い女性と結婚している

厚生労働省の人口動態調査のデーターから、すごく意外な事実が浮き彫りになりました。それは40代男性の場合、未婚者より再婚者の方が、若い女性と結婚する割合が高いのです。

離婚経験者は、恋愛関係を築き成婚まで発展させた成功体験がある。一方の40代未婚男性は「彼女いない歴=年齢」に代表されるように女性の扱いに不慣れな人が多い。この差が、年下婚というハードルの高い結婚において如実にあらわれたのだと推察できます。

●40代再婚の「意外な実態」から得られる教訓

私は「再婚で大丈夫ですか?」「不安があります」のような相談をたくさん受けてきましたが、” まったく大丈夫です ” と回答しています。むしろ追い風が吹いている部分もあリます。だから臆することなく、第二の人生を目指して婚活に臨んでいただきたいと思います。

さて、ここからノウハウを解説しますが、まずはじめに申し上げたいのが、40代再婚者に特有の注意点。それは…

4.40代再婚は婚活の知識をアップデートをせよ

初婚のころと比較しては状況は確実に変わっているはず。例えば相手を見つける場(婚活ツール)はこの数年で大きな変化があったし、ファッションも変わっています。デート場所にも変化があるし(レストランの閉店とか)、40代にもなれば加齢現象や社会的な立ち位置も大きく変わるので、

40代離婚経験者の婚活における一丁目一番地は ” 知識と認識のアップデート “

です。まずは、「婚活ツールの最新状況」と「加齢現象による影響」「恋愛ノウハウ」の3点をアップデートして、万全の構えでスタートラインに立つことをお勧めします。では順番に説明しましょう。

4-1.婚活ツールの最新状況をアップデートせよ

この1〜2年の特筆するべき大きな変化としては、婚活アプリが相手探しの主流になったことです。リクルートが運営する「ゼクシィ総研」の調査によると、婚活に成功した人のうち約6割がアプリで相手を見つけたと回答しています。また従来の婚活手段である、結婚相談所や婚活パーティー・イベントの3倍ものカップルを生み出しているとのこと。

これは多くの人にとって意外な実態ではないでしょうか。実は10年前くらいから、インターネットを介した出会い、具体的にはSNS(facebook, Twitter)が「仕事関係」「スクール」などと並んで出会いの場の主流になっていましたが、世間ではあまり認知されず。

しかし、この1〜2年は大手婚活アプリ会社がテレビCMをバンバン流したり、有名芸能人がアプリで知り合い結婚したと公言したりして(例:女性芸人バービー)、適齢期の男女たちがフツーの感覚で気軽に使うツールとして、世の中に広く普及しているのです。

  • 普及の具合を示す、アプリで相手探しを公言している有名人の例:
    • 水原希子、渡辺直美、梅宮アンナ、ベン・アフレック、シャーリーズ・セロン、ドリュー・バリモア

なので、婚活アプリをどう活用するか。40代再婚の成否を大きく左右すると言えるでしょう。

4-2.加齢現象による勝率を下方にアップデートせよ

初婚の時に比べて「年齢」が上がるだけで、婚活の場では不人気になります。例えば、5歳違うだけでも、見える世界は別ものになるに違いありません。以下のチャートで例示しましょう。

・30代〜50代の男性が20代女性と結婚できる確率

・30代〜50代の男性が30代前半の女性と結婚できる確率

女性の場合も同じくで、30代前半から30代後半、40代前半から4o代後半になると、婚姻率やお見合い成立率、アプリのマッチング率が激減します。

こうした「勝率の低下」の背景をまとめますと、

  • (身体的)見た目が老いる。男性は精力が減退し、女性は妊娠リスクが高まる → 異性としての魅力が低下する。
  • (社会的)子供が独立する前に定年を迎える。親の介護が現実化しやすい。

さらに再婚者は、初婚志向の異性の存在、子供の意向などが加わってさらに厳しさを増すのです。

4-3.恋愛ノウハウをアップデートせよ

昨今の結婚はほぼ100%恋愛結婚が主流です。昔ながらの釣書を見てお見合い即結婚なんか過去の遺物です。結婚相談所でさえ、お見合い→仮交際→交際というプロセスを経て恋愛感情をmaxに引き上げて初めて結婚に至る、やはり恋愛結婚であるわけです。

なので、恋愛スキルは婚活においても最強の武器と言えるでしょう。数ある恋愛スキルの中でもアップデートが必要で、すぐに対応できるのが、外見とデートコース(レストラン等)です。

外見とは服装や髪型(女性はプラス「化粧」)のことですが、40代にもなるとそれらに加えてアンチエイジングが必要になります。やっぱり各所に年齢感が出てしまうんですよね。

にも関わらず放置している人の多いこと多いこと。例えば婚活会社IBJが自社の会員に対して行った調査です。「実年齢より若く見えると思いますか?」という質問に対する、40代男女の回答には誰もが驚かされるでしょう…

私は職業柄、婚活している40代男女のプロフィール写真を何万枚と見てきましたが、実年齢より若く見える人など1割いるかいないかのレベル。人は自分のことを客観視することが難しいということです。そして「え〜、●歳に見えません!」「若く見えますね」なんってお世辞を真に受けているんでしょう、きっと。

・まとめ(40代再婚、婚活をアップデートせよ)

婚活にまつわる知識や認識をアップデートした後は、いよいよ実践が待ち受けている。次のパートでは40代で再婚を勝ち取るための取っておきのストラテジーを皆さんにしっかりとお伝えしたいと思う。

5.40代男女を再婚に導く4つの成功ルール

40代の再婚はハンデがあるのは動かし難い事実です。と同時に「型にハマる」と未婚者より成功率が高いというのも動かし難い事実です。要するに戦い方が肝。ストラテジー(戦略)次第ということになります。その戦略は4つ。順番に説明しましょう。

*ストラテジー(戦略)というと堅苦しいので、以下から「成功ルール」という言葉に置き換えます。

5-①.40代再婚の成功ルールその1.条件で選別される場を避けるべし

40代再婚を希望される方にとって共通するウィークポイントは、「年齢」と「婚姻歴」です。これらが選別条件になるような出会いの場は避けるべきです。具体的には結婚相談所は絶対に避けた方が無難。なぜなら、相手に対する条件に厳しい人が集まっているからです。

実際のところ、経済通産省の調べによると、結婚相談所の会員と一般の未婚者を比較したところ、結婚相談所の会員は「年齢」「年収」「容姿」など相手に対する条件が2〜3倍も厳しいことが判明しました。

●40代再婚の婚活で、結婚相談所は避けるべし

ただし40代で婚姻歴があるもの同士の結婚を希望されるなら、条件がマッチしているので結婚相談所もアリかもしれません。しかしその前に、経済通産省が結婚相談所の全事業所(3,669箇所)に対して行った実態調査の結果を目にしてから判断しても遅くはないでしょう。

  • 結婚相談所の婚姻率:男性で平均7.9%、女性で平均8.6%

5-②.40代再婚の成功ルールその2.勝率の低下を圧倒的な数の力でカバーせよ

40代の男女に対するニーズは確実にあります。例えば世の中には、ファザコンや熟女好きもいるわけですから。だから40代でもOKで趣味嗜好が似ていて話が合う相手を探し出せばいい。ただし、そういう相手は割合が少数派でマッチングしづらいというのが難点です。

また前述したとおり、初婚の時から年を重ねているので勝率は低下しています。対抗する措置が必要となります。すると、圧倒的な数の力を利用する、という帰結に至るのです。つまり、40代再婚の成功ルールその2.は

” 勝率の低さを圧倒的な数の力でカバーせよ “

具体的には、会員数が100万人〜200万人の婚活サービスで、40代でも婚姻歴があってもOKな相手をピンポイントで探せる条件検索機能があり、相手に対する要望や条件に緩い人が集まっている。そうした場所が相手探しに絶好の場所と言えるでしょう。具体的には、

●40代再婚の婚活で、アプリを活用するべし

次のチャートをご覧ください。結婚相談所との比較ですが、主要な指標(会員数、回転率)で婚活アプリが大きく上回っているのです。コストも月額3〜4千円と圧倒的な価格差がある。だからこそ、先に紹介したとおり3倍ものカップルを生み出しているという訳です。

5-③.40代再婚の成功ルールその3.おじさん臭い、オバチャンっぽい外見を一新せよ

婚活で求められているのは、整形とかレーザー治療など高度なレベルの話ではありません。ちょっとしたコツを知っているか否か、実践しているか否かの差が大きくものを言います。例えば、例えば男性の場合、同じ顔で同じ生え際でもトップ(頭頂部)とサイド(側頭部)の厚みの比率で、おじさん臭く見えるか、若々しく見えるか決まる、といった具合です。

先に紹介したとおり、婚活中の40代男女は「実年齢より若く見える」と客観視できていないので、逆張りをして”本当に若々しい容姿”を手にしたら、ライバルに圧倒的な差をつける競争力を得るということです。

5-④.40代再婚の成功ルールその4.恋愛スキルをアップデートせよ

婚活の場ではよく「もう少し条件を広げてみませんか?」というアドバイスが発出されます。その方がマッチングしやすくなるという思惑からですが、果たして効果はあるのでしょうか?

三菱UFJ R&Cの婚活経験者に対する調査によると、「条件を広げる」効果には男女差があり、例えば「年齢」の条件を広げると男性の場合には婚姻率が4%アップするのに対して女性はその10倍も婚姻率を引き上げます。

これは何を意味するのでしょうか?

・男性の9割は相手をリードできるかが勝負どころ!

異性関係において、男性はリードする、女性は受け身というのが一般的な役割分担です。だから女性は条件を広げれば、アプローチしてくる男性が増える。そして男性のリードに身を任せればゴールに運ばれる。

一方の男性は自らがリードして交際から結婚へと発展させなければならない。一般的に婚活する男性(特に件の調査対象である結婚相談所の男性)は恋愛経験に乏しい。だから10倍もの差が出るという訳です。

巷で言われているとおり、女性は容姿を磨くことに加えて「条件を広げる」ことが必殺技になります。男性は「条件を広げる」効果は1割くらいで、後の9割は相手をリートすることが勝敗を分けるのです。

  • 婚活の必殺技
    • 女性:容姿を磨く+条件を広げる
    • 男性:条件を広げる1割+相手をリードする9割

初対面から結婚に至るまでの間、「デートに誘う」「自宅やホテルで過ごすことを説得する」「旅行を提案する」「プロポーズする」など2人の関係性をステップアップさせる節目があります。そこで男性は相手をリードするべき。

でも40代の婚姻歴のある女性で、同年代や年下の男性をターゲットにするなら、同じく相手をリードすべきなんですよね。

・40代女性も相手をリードすべし!

特に相手が草食系男子なら。彼らは「受け身のスタンス」ですから逆にリードされることを歓迎するでしょう。私の知る限り40代でハンデ戦を勝ち抜いた女性は、男性を立てつつも要所要所で相手をさりげなくリードしています。

ここに、興味深いデーターがあるので紹介しましょう。厚生労働省の人口動態調査によると、女性が再婚で男性が初婚のカップルは、男性の平均年齢が35.9歳、女性が36歳。姉さん気質の女性がリードしたことを窺わせます。

以上、40代再婚の婚活における成功ルールを説明しました。さらに詳しく知りたい方は、私の10年に及ぶ40代婚活コンサルタントとしての知見をぎっしり詰め込んだ記事がありますので、参考にしてください。

【参考記事】【40代婚活のプロが教える】厳しい現実を成功に変える方法・10選(男性向け)

最後は事例紹介です…

6.【事例紹介】最愛の妻に先立たれた48歳男性が選んだ再婚相手は?

私のコンサルタント事例です。当時48歳の男性で、長年連れ添った奥さんが急死。病気が判明してから、わずか半年で故人になりました。子供は2人で、大学生のお嬢さんと高校生の息子さん。「母親譲りで勉強がよく出来た」そうです。

・次から次へとデートを重ねる

くだんの男性の第一印象は、明るくて快活、「いいお父さん」という風情でした。20代前半で結婚したので恋愛事はご無沙汰です。しかし飲み込みが早くアクションも迅速で、直ぐに36歳の客室乗務員、38歳の外資系キャリアウーマンといった具合に次から次へと女性とのデートを重ねていきました。

そんなある日、彼から「相談したい」と連絡があり居酒屋でじっくり話を聞きました。酒が身体中に回ったころ、彼がぽつりと発した言葉が、

“自分でも何をしたいのかわからなくなりました”

最愛の妻を失い途方にくれながら始めた婚活ですが、心にあいた穴は埋まらなかったのです。

・高校生の息子が落第しそうになる

それから半年くらい経ったころ、結婚の報告がありました。相手は39歳のシングルマザー。小柄で笑顔が愛らしい女性です。そして話は高校生の息子さんに及びました。「落第しそうになって、私が勉強を教え込んで無事卒業できることになりまして…」と。

私は息子さんが気の毒に思えました。お母さんが突然亡くなって、勉強が手につかなくなったのかと。

しかしそれは私の勘違いでした。彼が「息子、息子」と呼んでいたのは、再婚相手のお子さんだったのです。

聞けば、元夫のDVに耐えかねて乳飲み子を抱え家を出てから、彼女は働きづめ。息子さんの勉強まで手が回らなかったそうです。

(これ聞いた瞬間、落涙しそうになるのを堪えるのに懸命だった私…)結局、己の我欲を満たす相手ではなく、選んだのは無償の愛を注げる親子だったという…(話を元に戻しますと)

「いいお父さんが出来て息子さんは幸せですね」と私が言うと、彼は「あの居酒屋で青木さんに話を聞いてもらって、気持ちの整理というか、キッカケができたんですよね」と感謝の意を述べました。がしかし。私は申し上げたのです、「いやいや、乗り越えたのは私じゃなくて●さん自身ですよ」と。

●番外編.40代の再婚に必要不可欠なものは?

40代婚活(再婚)で特徴的なのが、最後の決めのフェーズで予期せぬ突発事故が起こることです。

例えば、相手の両親が「40代でいいのか?」「子供がいるって…」と横槍を入れてくるとか。子供が再婚相手とは一緒に住みたくないとゴネるとか。若い時のように勢いで結婚に突き進めないとか、過去の失敗で慎重になり「本当にこの人でいいのか?」と迷いの沼にハマるなど。

いろいろとある訳です。

しかし40代の婚活は後がありません。ハンドリングを誤ると致命傷を負いかねない。「40代の再婚に必要不可欠なもの?」その答えは困ったときの相談相手、信頼できるアドバイザーなのです。備えあれば憂いなし。これ、重要なのでお忘れなく。

【参考情報】頼りになるアドバイザーは?→ 40代専門の婚活コンサルティングサービスHP

なお、2021年10月から、” 結婚するまでサポートする”という業界初のサービスをリリースしました。詳しくは、こちらのサービス内容をご覧ください。

 

*主な参照資料:

みなさん、ご安心ください40代の婚活、
私が証明です。

当ブログ記事の著者、青木一郎自身も自らのメソッドを活用して、
49歳で24歳年下の某メディアでエリート美女と騒がれた女性と
結婚することができました。40代男性向け最強・婚活メソッド。
テレビ・新聞・週刊誌で話題沸騰!

詳細を見る

関連記事

人気記事

最新記事