BLOG40代婚活・特集記事

40代の婚活で「年齢の不利」を引っくり返す年収はいくら?

40代婚活「年齢」の不利を覆す年収は?top画像

恋愛で「容姿の不利」を引っくり返せる年収は、24万8500ドル(約3000万円)という調査結果があります(ダン・アリエリー他2名の共同研究結果)。

ここで、40代の男性はこんな疑問が湧くかもしれません。

” 婚活で「年齢の不利」を覆らせる年収はいくら? ” ということを。

40代男性は婚活の場で不人気です。特に大半の20代や30代女性の希望条件から外れてしまいます。その結果、40代男性は、「年齢という決定的に不利な条件を背負っている」ということを痛いほど自覚することになるのです。

この記事では、婚活で「年齢の不利」を覆せる条件を(「年収」も含めて)紹介します。「婚活アプリで惨敗した」「結婚相談所で、お見合いを断られ続けている」そうした厳しい状況を好転させるためのヒントとして、参考にしていただきたいと思います。

【前書き】婚活で苦戦している40代男性が気にする「年収」問題

私は10年に渡り40代男性専門の婚活コンサルタントをしています。これまで1,000人以上の念願成就に携わってきました。その中で意外な実態をたくさん体験してきました。例えば、誰もが知っている超一流会社で高年収の男性が苦戦する一方で、工場勤務で派遣のオペレーターをしている方が楽々と結婚する。そんな実例です。

もし不特定多数の女性にどちらがモテるか、と言えば前者の圧勝です。しかし婚活は一人を捕まえればいいのです。

婚活では「年収」に代表されるスペックが重要といわれています。確かにスペックの良し悪しはマッチング率に影響しますが、勝率の低さは量でカバーできます。

それよりも婚活はマッチングした後の「交際」や「決定」フェーズでの活動に大きく左右されるということを認識してください。マッチング=相手を「探す」ことだけが婚活ではありません。

「交際」や「決定」フェーズでモノをいうのは戦略とスキルです。「デートに誘う」「自宅やホテルで過ごすことを納得させる」「旅行を提案する」「プロポーズする」「相手の両親を説得する」等の男女の関係性をステップアップさせるのに戦略とスキルは欠かせません。

”変えられない「スペック」を嘆くより、「戦略」を知り、後から身につけられる「スキル」を磨くべし”

40代男性の婚活で「年齢の不利」をひっくり返すのは戦略とスキルです。しかしそんな大そうなことではなく、ちょっとした「やり方」なのです。その「やり方」をご紹介しましょう。

1.「出会い」は価値観を切り口にするべし

外見がイケてなかったら「金に物を言わせて・・・」というのが冒頭の調査結果ですが、40代で不人気なら「価値観に訴えて・・・」というのが、年齢の不利を覆せる行為の代表格です。

まず女性側のニーズについて見てみましょう。リクルートが運営する結婚情報誌「ゼクシィ」による「女性が結婚相手に求める条件」に関する調査です。1位は「性格」、当たり前といえる結果です。しかし、2位以下が大変興味深いのです。

2位は「価値観」です。これが「収入」や「ルックス」「学歴」など、ひと昔前の「3高」、つまり女性に人気のスペック条件を大きく上回っているのです。

40代の婚活「年齢の不利」を覆す年収は?女性は学歴や年収より価値観で相手を選ぶ

価値観は、「同じものが好き」「同じことに感動する」など、趣味や嗜好にあらわれます。これらが切り口となる出会いの場に活動の拠点を移すと、年齢がハンデにならなくなります。

婚活の場では、「年齢」や「年収」「学歴」など外面的な条件で選別されてしまいます。一方の「価値観」を切り口にした出会いの場は、趣味などの活動を通じて自然な形で交流がはじまるので、好感が積み上がった後には、「年齢」は妥協要素になります。簡単にいうと「話が合うから、年は気にならなくなっちゃった」となるのです。

一つ実例を紹介しましょう・・・

私の知り合いの34歳の女性編集者は、「趣味や食べ物の好みがぴたっと合うから、年の差なんて気にならなくなっちゃったわよ」と、グルメ好きが集まるコミュニティで知り合った11歳年上の男性と結婚しました。

付き合いはじめた当初は、本人が年の差も気になっていたものの、親や周囲からは反対され、「逆にそれで反発心が生まれたのよ」とのこと。どうしたら親や周囲が納得するようになるか、考えを巡らすように変わっていったそうです。

このように、価値観をきっかけに親密な関係を築くと、年齢は足切り条件ではなく妥協要素になっていくのです。

出展:青木一郎著「40歳からのモテる技術」PHP研究所刊

実際のところ、40代男性と同じように年齢のハンデを抱えているアラフォー女性たち(35歳上の女性は、妊娠リスクがあるという理由から婚活の場で不人気)は、価値観を切り口にした出会いの場=趣味のサークルやSNSで、恋人と出会っているのです。

「年齢」や「年収」といったスペック条件で女性から品定めされたり、20代30代のライバルの男性と不利なハンデ戦を強いられる出会いの場から撤退すること。そして価値観を切り口にした出会いの場に軸足を移すと、40代の婚活のあり方が一変します。

この戦略の応用技を次に紹介します。年齢の不利を3分の1に激減させる方法です。

2.婚活アプリで年齢の不利を3分の1にする方法

女性の特性に注目します。婚活意識の強い女性、例えば結婚相談所の女性会員は、一般の未婚女性と比較して、男性の条件=スペック条件に厳しくなることが経済通産省の調査で明らかになりました。

例えば、結婚相談所の女性会員は、一般の未婚女性に比べて、男性の年齢の上限を条件にする人が3倍にもなります。だから、同じ婚活の場でも、婚活意識の希薄な女性が集まるところで活動すると、年齢の不利を引っくり返すことができるのです。

具体的には・・・

  • 年齢が不利になる婚活の場:結婚相談所、婚活パーティー、結婚相談所が運営する婚活サイト
  • 年齢の不利を引っくり返せる婚活の場:婚活意識の緩い女性が集まる婚活アプリ(例:女性は無料の方がいい)

婚活意識がゆるい女性が集まるサイトやアプリには、外形的な特徴があります。その見分け方を紹介します。

3.見た目を若くする

見た目を若くすれば、40代男性特有のおじさん臭い外見で、女性たちから敬遠されることはなくなります。ここで注意すべきことがあります。それは婚活している40代男性の9割以上が、自分のことを「年齢より見た目が若い」と思っている一方、実際に見た目が若い人は1割もいないことです(前者は婚活サイトIBJの調査結果、後者は筆者の観察結果に基づく)。

あなたは、どちら?(以下参照)

まずは、外見を自己評価してはいかがでしょうか ・・・

4.年齢の不利を引っくり返せる年収は?

残念ながら冒頭で紹介したような調査結果はありません。

冒頭の調査は、外見を他のユーザーが客観的に格付けするマッチングサイト(Hot or not)の1万6550人の行動データを、ダン・アリエリーをはじめとするデータ解析のプロが分析した、というかなり厳格な調査に基づいたものです。

一方の日本では、40代の婚活という切り口はおろか、ダン・エアリーのチームと同じテーマの調査すらありません。あるのは、婚活会社の担当者の個人的な所感くらい。例えば、「40代の男性なら、年収●00万円以上あれば土俵に上がりますかねー」といった程度の話です。

私の経験上、収入は決して見逃せない重要な要素ですが、それだけでは片手落ちです。むしろ、お金の使い方の方が重要であると思います。どんなに収入が高い人でも、初めてのデートで「1円単位でワリカン」や、ドライブして「ガソリン代や高速代まできっちりワリカン」したら、ほぼ100%女性から嫌われて、「次のデート」は永遠にありえないでしょう。

そもそも、40代の男性には奢ってほしいと思っているわけですし・・・

40代で婚活をする人の多くが、女性との交際経験に長いブランクがあったり、彼女いない歴=年齢という人も珍しくありません。このため、女性の扱いに不慣れです。お金の使い方の常識に欠けてしまうことがあるので注意が必要です。気になる人は、こちらの記事をチェックしてみてください。

5.包容力を感じさせる

年上男性の美徳であり、年齢の不利を覆して若い女性から好意を寄せられる最大の要因は「包容力」です。実際のところ、女性で40代男性も結婚対象としている20代女性に対するアンケート調査で、相手に期待することの1位は「包容力」でした。

「包容力」とは、相手を丸ごと受け止める力です。それは、過ちや欠点など含めて、相手のさまざまな点を受け入れることのできる心の広さのことです。ところが、この「包容力」を持っている人はごく僅か、というのが実態です。

包容力の有無は、女性とのコミュニケーションの中で端的に示されます。私は業務の中で、相談者さんと女性との会話を録音したデータを数百人分も聞いているので、婚活中の40代男性で「包容力」がある人はごくごく一部の限られた人しかいないということを痛感しています。

しかし、包容力は後天的な素養です。40代男性でも十分に身につけることは可能です。もしあなたが女性に「包容力」を感じさせることが出来るなら、年齢の不利を覆す決定打になること請け合いです。

では、女性に「包容力」を感じさせる話し方とは?

ご興味あれば、日本一のビジネス系サイト「東洋経済オンライン」に私が寄稿した記事を参考にしてください。

そして、もっと詳しく40代の婚活を成功させるコツを知りたい方は、↓を読んでください。

みなさん、ご安心ください40代の婚活、
私が証明です。

当ブログ記事の著者、青木一郎自身も自らのメソッドを活用して、
49歳で24歳年下の某メディアでエリート美女と騒がれた女性と
結婚することができました。40代男性向け最強・婚活メソッド。
テレビ・新聞・週刊誌で話題沸騰!

詳細を見る

関連記事

人気記事

最新記事