「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。top画像

 

 40代の男性は、若い女性が大好きです。婚活中の40代男性も大半の人も、「もし出来るなら、20代の女性と結婚したい」と思っています。そうした男性諸氏に耳寄りな情報があります。

 

 それは、「20代の女性の約3割が、40代男性も結婚対象になる」という調査結果です(「年の差婚に関する調査」株式会社マクロミル 2011年実施)。

 

 昨今メディアでは、40代の男性芸能人と20代の美女との結婚をめぐるニュースが賑々しく報道されています。この調査結果は、芸能人だけでなく、一般人でもチャンスがあることを示唆しています。しかし、多くの人が次の疑問を抱くことでしょう・・・

 

 「このデーターは本当なのか?」、そして「俺にもチャンスがあるのか?」ということを。

 

 この記事では、くだんの調査結果を検証するとともに、40代男性が20代女性と結婚するための条件についても触れたいと思います。私は業務上、20代との女性の結婚した40代男性を山ほど見てきましたし、私自身も49歳のとき、25歳の女性と結婚しました。これら経験に照らし合わせて、事の真相に迫りたいと思います。ぜひ参考にしてください。

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。著者紹介

 

調査結果は、本当なのか?

 

 調査元は(株)マクロミル、インターネットを利用したリサーチに定評のある会社です。調査が行われた2011年は、タレントの加藤茶さん(=当時68歳、43歳年下の女性と結婚)を代表格として、数々の「年の差婚」がお茶の間の話題をさらった時期でした。まさにタイムリーな実態調査と言えるでしょう。

 

・調査結果

 

 「何歳年上まで結婚対象となるか?」という質問に対して・・・

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。調査結果の図

 

 結果は、40代も結婚対象になると回答した20代女性は、なんと全体の27%に上りました。内訳には、「15歳年上まで(12.5%)」を含んでいるので、正確には、40代前半までは27%、40代後半の男性は(その半数の)14.5%となります。

 

・この結果は本当なのか?(他の調査データーと照合)

 

 「婚活」というのは、気鋭の社会学者・山田昌弘氏(中央教授)の造語です。その山田氏が最も信頼している、と明言しているのが、明治安田福祉研究所が毎年実施している「結婚・出産に関する調査」です。

 

 この調査の2014年度版の中で、年の差婚に関する意識調査をしています。曰く、「20代の女性の67.8%が、10歳以上年上の結婚を肯定している」とのこと。先の調査では、10歳以上年上もOKな20代の女性は、63.5%ですから、ほぼ同一の傾向を示しているといえるでしょう。

 

だからは、やっぱり・・・

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。結論

 

ということです。

 

 しかし、この調査の設問は、「何歳年上まで結婚対象になりますか?」であることに注目しましょう。あくまでも「許容範囲」や「妥協点」を探るための設問なのです。40代の男性と結婚したいのではなく、40代でも「魅力的な男性」なら結婚できる、という条件付きの話なのです。

 

40代男性が20代女性と結婚できる条件

 

 それでは40代でも、結婚してもいいくらい「魅力的な男性」とは、どんな人でしょうか。くだんの調査に、「年上の男性と付き合う場合、相手に期待すること」という設問があります。この結果に答えが示されています。

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。年上男性と結婚する上での条件

 

1位 包容力がある

 

 この手の調査をすると、必ず上位に入るのが「包容力」です。くだんの調査でもやはり1位でした。4位の「人の気持ちをくんでくれる」や、6位の「甘えられる」、9位の「何でも許してくれる」も、年上男性と年下女性の関係の中では、ある意味、包容力といえます。だから、包容力は、40代男性が20代女性の結婚対象となるか否かを、決定的に左右する要因であるといえるでしょう。

 

 では、年下女性にどうしたら、「包容力がある」と思われるのでしょうか?

 

 包容力があるかないかは、会話の中に端的に表れます。例えば、人の話を黙って聞いていられず、すぐに「でもさぁ・・・」と口に出してしまう人は包容力を感じさせません。

 

 身に覚えのある人は、私が年上男性の包容力をテーマに書いた、東洋経済オンラインの記事を読んでみてください → 「若いイケメンより、年上オヤジがモテる理由」。年下女性とのコミュニケーションを改善するためのヒントが詰まっていますよ。

 

2位 経済力がある

 

 経済力というと、お金を稼ぐ力=「収入」という側面ばかりが関心の的になります。しかし、お金の使い方のほうが、当の女性にとっては重要だったりします。特に、初対面や初デートで、この傾向は顕著になります。

 

 例えば、収入が1千万円を超えている男性でも、初デートの食事代を「1円単位でワリカン」とか、ドライブで「高速代やガソリン代まで、きっちりワリカン」なんてことしたら、一発で女性に嫌われてしまいます。

 

 だから、稼ぐ力だけでなく、使い方も大切です。

 

 婚活の成功を左右する「お金の使い方」について、気になる人は「40代婚活中の男性が、初対面の女性から一発で嫌われる行為」を参考してください。

 

3位 落ち着いた雰囲気がある

 

 逆に「おじさん臭い雰囲気がある」なら、確実に20代女性に引かれてしまうでしょう。百聞は一見にしかず。こんな雰囲気の人です・・・

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。40代おじさん臭い服装と髪型

 

 さらに詳しく知りたい方は、「婚活中の女性から嫌われる、40代男性の残念な服装5選」をチェックしてください。

 

5位 一緒にいると成長できる

 

 これは、8位の「人生経験が豊富」と並んで、年上男性の美徳です。

 

 恋のトキメキだけでなく、「私(=若い女性)が知らないオトナの世界を、やさしく教えてくれる」というカルチャーセンター的な要素が、若い男性との決定的な差別化要因であり、年上男性の付加価値になるということです。

 

 私はこれを、年上男性が年下女性にモテるための必須要件と考えており、「恋愛カルチャーセンター戦略」と名付けて、本や連載記事の中で何度も取りあげています。

 

 詳しくは、ビジネス系で日本No.1サイト「東洋経済オンライン」上で、私が書いた記事「文化を感じさせる男は、35歳以上でもモテる」を参照してください。

 

婚活中の40代男性が不人気な理由

 

 こうした実態があるにも関わらず、40代の男性は婚活の場で不人気です。理由は単純明快です。女性は婚活の場においては、相手の「年齢」に関する条件が厳しくなるからです。

 

 経済通産省の調査によると、一般の未婚女性よりも、婚活中の女性(=結婚相談所の女性会員)の方が、「年齢」「年収」などの相手に対する条件が、何倍も厳しくなることが明らかになりました。

 

 例えば、婚活中の女性は、相手の年齢を気にする人が多くなる結果、年齢を条件にする人が、未婚女性に比べて3倍になるのです。

 

 40代男性は、「子供が一人前の成人になる前に定年」とか、「親の介護問題が、現実化する」など、年齢的には不利な要素を抱えています。だから、婚活の場において、40代の男性は大半の女性の希望条件から外れてしまうのです。

 

まとめ

 

 20代女性の約3割が、40代の男性も結婚対象である −—− という調査結果は、どうやら本当のようです。そして、20代女性が交際の条件にしていることも、努力次第で何とかなりそうです。

 

 しかし、「年上男性もOK」という女性も、いざ婚活になると年齢に対して厳しくなり、40代の男性は不人気になる、というのは、たいへん残念な状況です。

 

 婚活は「より良い相手を探す活動」という側面がありますから、少しでもいい条件の男を捕まえようと、婚活中の女性が躍起になるのも無理からぬこと。だからこそ、私は申し上げたい。40代男性が婚活をするなら、婚活意識が気薄な女性が多く集まる出会いの場で活動すべし、ということを。

 

 婚活サイトを例にとると・・・

 

「20代女性の約3割は、40代男性も結婚対象」驚愕の調査結果の真相。婚活サイトの選び方

 

 婚活意識が弱い女性は、先の調査でいうところの「一般の未婚女性」のように相手の年齢に関して許容度が高いのです。こうした女性が多く集まっている出会いの場を選ぶことも、40代男性が20代女性と結婚できる欠かせない条件といえるでしょう。

 

 気になる「40代男性のための、成功する婚活サイトの選び方−5つのポイント」もチェック!