精子も老化する衝撃、40代は結婚のタイムリミットなのか?トップ画像

 

 出来れば、35歳以下の女性が希望です−−− 40代で婚活中の男性がよく口にするセリフです。その理由を尋ねると「やっぱり子供が欲しいので」という答えが判で押したように返ってきます。

 

 このやり取りの背景には、女性が35歳を超えると、卵子の老化が急速に進み、その結果、不妊率が上昇し妊娠リスクも高まるという実態が知られていることにあります。

 

 しかし、同じように女性から、「子供が欲しいので、40歳以下の男性が希望です」と言われる時代が来るかもしれません。「35〜40歳を境に精子が老化する」そして「子供が出来にくくなる」ことが徐々に知られはじめているからです。

 

 この記事は、医学的なエビデンスに基づいて、40代が結婚のタイムリミットであること、人生最後のチャンスであることを検証したいと思います。40代で幸せな家庭を築きたいと考えている男性諸氏は必見です。ぜひ参考にしてください。

 

精子も老化する衝撃、40代は結婚のタイムリミットなのか?著者紹介

 

 男は「いくつになっても子供ができる」の誤り

 

 「卵子の老化」が世の中に浸透している一方で、「精子の老化」については大半の人が知りません。最近になって、専門家が積極的に研究成果を発信するようになって、ようやく一部の人に知られるようになった状況です。

 

 ついつい私たち男性は、「あっちの方が大丈夫なら(=夜の営み、勃起も射精のOKなら)、子供が作れる」と思いがち。でもそれは誤りだということです。具体的には・・・

 

● 男性不妊専門医の研究成果

 

 その道のスペシャリスト、男性不妊の専門家である岡田弘医師(獨協医科大学教授)は、男性向けの不妊治療に長年取り組む中で、男性が35歳を過ぎると成果が出にくくなるということに気づきました。

 

 そこで、8000人以上の男性の精子の機能検査を実施。すると子供ができない男性の場合、卵子を活性化する率が「ある年代」を境にして、明らかに落ちる傾向を見出しました。その「ある年代」とは、35歳から40歳・・・

 

精子も老化する衝撃、40代は結婚のタイムリミットなのか?精子は40歳を境に老化する

 

 つまり男性の場合、35〜40歳を超えると加齢現象によって「精子が老化」して、子供ができにくくなるというわけです。

 

● 出産専門のジャーナリストのレポート

 

 英国のある研究機関によると、カップルが妊娠までにかかった期間は、年齢が上がるにつれて長期化する傾向があります。具体的には、20代の男性と比べた場合、30〜40代前半の男性は1.6倍に、40代後半の男性は3倍に、50歳を超えると5倍に長期化します。

 

精子も老化する衝撃、40代は結婚のタイムリミットなのか?年齢が上がると妊娠しにくくなる

 

 この研究も、男性は年をとると妊娠しづらくなることを示しています。

 

 出典:プレジデントオンライン「35歳で始まる!精子老化の真実」河合蘭著

 

● 日経トレンディ(Fertil Steril)のレポート

 

 日経トレンディ2014年3月12日の連載「男こそアンチエイジング」によると( Fertil Sterilを引用し)、5081人の精液を調べた結果、精子の数は35歳から毎年1.71パーセントずつ減り、精子の奇形率は41歳から毎年0.84パーセントずつ増えること、44歳から精子の運動率が落ちることをレポートしています。

 

精子も老化する衝撃、40代は結婚のタイムリミットなのか?精子の数、運動率、奇形

 

 うーーーん、やっぱり精子は老化するんですね。

 

 しかし、ここで疑問を感じる人もいることでしょう。芸能人や知り合いの40オーバーや50オーバーの男性に、子供がちゃんとできていることを。例えば、タレントの石田純一さんは58歳のとき、同じくタレントの市村正親さんは(奥さんは篠原涼子)59歳のときに、ちゃんと子供ができました。

 

 先の研究成果とこの事実との関係を、どう理解すればいいのでしょうか?

 

精子が老化する男と、老化しない男

 

 先に紹介した男性不妊の専門家、岡田教授によると、精子が老化する男性と、老化しない男性がいるとのこと。

 

 同じ実験をしても、不妊症の男性(=精子が老化する男性)は、精子の受精能力が年齢と共に低下するのに対して、子供がいる男性の精子は、年齢に関係なく高い受精能力を示すそうです。

 

実験では男性不妊外来を受診した男性のうち、精液検査で異常が見られない20~40代の男性80人の精子を、それぞれ複数のマウスの卵子に顕微鏡を使って注入する「顕微授精」をしたところ、20~29歳は72%、30~34歳は69%と35歳未満では約7割を保ったが、35~39歳は62%、40~44歳は52%、45~49歳は39%と、35歳を境に卵子を活性化させる能力低下が際立った。

 

一方、子供がいる20~40代の健常男性30人の精子では、年齢に関係なく68~85%と高い数値を示した。(出典:産経WEST「人生の楽譜・間奏曲」)

 

 これは「いい話」です。精子の老化に関しては全員がそうなるわけでなく、個人差があるということです。女性はすべからず、一定の年齢に達すると妊娠できなくなるのと対象的です。

 

 しかし、これで一安心というわけにはいきません。特に婚活中の40代男性は・・・

 

まとめ

 

 35歳を超えると妊娠リスクが高まる−−− この話が広まったのは、2012年にNHKのクローズアップ現代が「卵子老化」をテーマにした番組を大々的に放映したからです。

 

 もし男性も「精子が老化」して、年齢と共に不妊リスクが高まることが、何かのきっかけで広まったら、どうなるでしょうか?

 

 ただでさえ、40代男性は婚活の場で不人気です。子供が成人する前に定年になるとか、介護問題が発生するなどの理由からです。この状況に、「不妊リスク」が加わったら更に苦しい立場に追い込まれるでしょう。

 

 そしてこれらは、40代男性が婚活で抱える本質的な課題です。だからこそ、40代は「人生最後のチャンス」という意気込みで婚活に臨むべきです。そればかりか、その先の「妊活」も頑張るべきではないかと思う次第です。

 

精子も老化する。40代は婚活と妊活のタイムリミット

 

 

●もう一つ40代の独身男性が考える必要があるテーマがあります。将来的なリスクです。

→ この記事、「10年後、40代独身男性は幸せか −− 孤独感はどこまで広がるのか?」も要チェック!