ページトップへ戻る
トップページ > 40代婚活の壁

40代男性の「婚活の壁」

40代男性が結婚を行おうとするとき、さまざまな困難に直面します。
私はそれを「婚活の壁」と呼んでいます。

婚活の壁 – その1.加齢現象

女性から「異性(=オトコ)」として見なされず、女性との関係が発展しない

外見

  おじさん臭い外見

40代になると薄毛・白髪・肌の衰え・メタボなどの加齢現象が目立ちはじめ、女性が最も重視する清潔感が損なわれます。髪型や服装もデザインやサイズ感が古くて「おじさん臭い」雰囲気を醸し出してしまいます。

出会い

  慢性的な出会い不足

オフィスなど身の回りから「出会い」が激減します。実際のところ経済通産省の調査によると、40代の男性は20代に比べて職場での出会いが3分の1になるそうです。

会話

  女性とのコミュニケーション不全

女性とプライベートで接する機会が年々少なくなります。女性(特に若い女性)と「何を話したらいいかわからない」状態に陥り、血の通った会話ができず親密になれません。

婚活の壁 – その2.女性の希望条件から外れる

40代男性は、大半の女性から結婚相手として見なされなくなる

photo5

子供が一人前になる前に定年になる、あるいは親の介護問題を避けたいなどの理由から、大半の女性から40代男性は結婚相手として見なされなくなります。

婚活の壁 – その3.婚活会社が頼りにならない

婚活会社には40代男性の魅力をひきあげるノウハウも人材も不在

実態1

  顧客満足度わずか10パーセント。有効なアドバイスがない

経済産業省の調査によると、婚活会社の会員の満足度は「期待どおり」と答えた人が、わずか10パーセント。「外見」「会話」など魅力を引き上げるために必要なアドバイスを受けられないことが大きな要因として指摘されてます。

実態2

  婚活会社の担当者が会員をサポートする余裕がない

婚活会社のアドバイサーは、一人で70〜100名の会員を担当しているので、一人ひとりの会員に対してきめ細かいサポートをする余裕がありません。会社によっては、新規の顧客を獲得するとコミッションをもらえる制度のため、既存の会員は放ったらかしという残念な状況も生まれます。

実態3

  結婚相談所の平均在籍期間は24ヶ月。成婚率わずか1割以下

経済通産省の調査によると、結婚相談所の平均在籍期間は24ヶ月という長期に及び、9割以上があきらめて退会します。主な原因は紹介データー数に制限があり小出しにされるから。 会員のニーズは一日も早い結婚、一方の婚活会社は長期在籍による売上増大。利益が相反しているのです。

最もリスクが高い壁は “危機感の欠如”

目の前に迫ってる、「50歳で独身」の悪夢

目の前に迫ってる、「50歳で独身」の悪夢
リスク1

  50歳になったらシニア婚活

一般的な婚活ができるのは40代まで。50歳になった途端に状況は一変します。大半の婚活業者は50代を「シニア」に分類するので、例えば高校生の息子がいる50代の女性や足腰の弱った60代の女性相手に婚活することになるのです。“40代は後がない”これが現実です。

リスク2

  周囲の見る目が激変する

50歳になっても未婚の場合、日本の政府機関(総務省など)は、「生涯未婚者(=一生、結婚しない人)」と見なします。そして周囲の見る目も厳しさを増します。40代の未婚者でさえ「変わり者」と陰でささやかれる事がありますが、その評価は決定的になるでしょう。

リスク3

  様々な屈辱にまみれる

こうした現実に無自覚なこと。危機感の欠如こそが、最大の「40代婚活の壁」といえるでしょう。このぶ厚い壁を打ち破るすべはたった一つ、”行動すること”です。行動しないなら、様々なリスク(=一生独身・孤独な老後など)や屈辱を受け入れるしかありません。それは刻一刻と迫っています…

コンサルタントからのメッセージ

青木一郎

40代男性は婚活(恋活)する中で、さまざまな壁に直面します。
それらに対処するのが当サービスです。実績800人のメソッドを用いて、40代男性の魅力をひきあげ、出会いの場でのチャンスを拡大させます。

また、ひと月あたり募集人数を4名様に絞ることで、実績豊富なコンサルタントがきめ細かいサポートをすることを可能にしました。

40代男性には後がありません。一つの選択ミスが致命傷になる可能性が極めて大きいのです。だからこそ、貴重な時間を無駄にしないために、専門家を活用するべきです。
40代男性がぶつかる婚活の壁を私と一緒に乗り越えて、夢を実現させましょう。

「40代婚活の壁」を打ち破る3つの戦略

知らなかったばかりに泥沼にはまる40代の婚活。では、どうすればいいのか?

戦略1

  婚活意識が高い場は回避する

経済通産省の調査で、結婚相談所の女性会員は相手に求める条件が非常に厳しいことが判明しました。例えば男性の年齢を気にする人が一般の未婚女性に比べて何と3倍。だから、結婚相談所のように婚活意識が高い場所は、「年齢」が決定的なハンデになるので絶対に避けるべきです。

戦略2

  勝率の低下を量でカバーする

40代は容姿の衰えなどが原因で、出会いの場における勝率が低下します。これを量でカバーする戦略です。実践ツールは生産性の高いインターネットが効果的。お見合いを百回することは至難の業である一方、インターネットで百人の女性にアプローチすることは容易だからです。

戦略3

  女性との「対面力」を増大させる

男性の条件が良くても、実際に会ってみて女性がダメ出しすることは多々あります。だから「対面力」は極めて重要。①外見を一新して第一印象を良くする ②会話力をアップして好感度を上げる ③魅力的なデートで感謝されるなど、「対面力」を上げることが婚活の成功を左右します。

40代婚活の意義 – ある成功者の証言

40代の婚活。大きな壁を乗り越えた者にしか味わえないことがある

40代婚活の意義

これまで長い間、ひとりで生きてきたからこそ
愛おしい人から「必要とされる喜び」をしみじみと実感する。

● 出典:クライアントA様の結婚後の感想

奥さんからのメール、例えば「来月の花火大会、いまから楽しみ!」「今度は水族館に連れてってー」といった他愛ないメールを見るたびに、「おいおいまたかよぉ〜」とニヤつきながら、愛おしい人から「必要とされる喜び」をしみじみと実感するそうです。

生きながらにして、生まれ変わった気分。
明るい「第二の人生」が始まる予感がする。

● 出典:クライアントB様が彼女ができた後に語ったこと

一回り年下のパートナーを得たBさんは、「自分は枯れていく一方だと思っていたが、年下の女性と付き合うことで『眠っていたオトコ』に目覚めた」。そして、「自分が征服欲が強いことに驚かされ、生きながらにして生まれ変わった気分」を味わったそうです。

 

40代の婚活、私が証明です

もっと見る
初めての方へ
サービスの紹介
サービス料金