40代バツあり男性の方が、40代未婚男性より若い女性と結婚する割合が高い

 

40代で離婚経験がある男性が婚活をはじめるとき、さまざまな不安が頭をよぎります。「40代バツイチ男はどう思われるんだろうか?」とか、「それでも『結婚してもいいわ』と思うのはどんな女性なのか?」などなど。「40代」というだけでも不利な条件なのに、そこに「離婚歴」が加わるとさらに婚活を困難なものにするに違いない、と思い込んでいるからです。

 

そうした人たちが知りたいのは、「40代バツあり男性が結婚できる確率」です。そして、次の結婚では若い女性と結婚したいと思う人が多いので、「20代や30代前半までの若い女性と結婚できる確率」もあわせて知りたがるのです。

 

この疑問に答える絶好のデーターがあります。それは厚生労働省の『人口動態調査』です。全国の市町村から婚姻届を集計したものなので、初婚と再婚の区別、そして新郎新婦の年齢を正確に把握することができます。この記事ではくだんのデーターを独自集計して、冒頭の疑問にお答えしたいと思います。想定外の結果にみなさん驚かれることでしょう。ぜひ最後までお読みください。

 

40代バツイチの方が未婚男性より若い女性にモテる。著者紹介

バツありのほうが未婚男性より20代の女性と結婚する割合が高い

 

まず質問です。40代の未婚男性と40代のバツあり男性、どちらが若い女性にモテるでしょうか?

 

答えは、バツあり男性です。離婚歴があるほうが不人気な気がしますが、実態は逆なんですね。厚生労働省の人口動態調査によると、20代の女性と結婚した割合は、40代初婚男性の場合には全体の13.2パーセント。その一方、40代再婚男性は20.6パーセント。離婚歴がある男性の方が20代の女性と結婚する確率が高いのです。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。20代女性と結婚できる確率

 

同じように30代前半までの女性と結婚したケースで、両者を比較してみましょう。下の図のとおり、やはり40代バツあり男性が10ポイントもの差をつけて圧勝です。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。30代前半までの女性と結婚できる確率

40代前半の離婚歴のある男性のうち、約5割が30代前半までの女性と結婚!

 

では次に年代別に比較してみましょう。まずは40代前半における比較です。40代前半の未婚男性が20代の女性と結婚した割合は、全体の14.2パーセント。それに対して、40代前半の離婚歴のある男性は全体の22.4パーセントです。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。20代女性と結婚できる40代前半男性の割合

 

そして30代前半までの女性と結婚した割合は、40代前半の未婚男性は38.6パーセント。一方の離婚歴のある40代前半の男性は48.8パーセントにのぼります。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。30代前半までの女性と結婚できる40代前半男性の割合

 

40代男性の多くが「子供が欲しい」という理由から30代前半までの女性を希望します。その観点からすると、40代前半のバツあり男性のうち約半数が希望どおりの女性と結婚しているのです。これは筆者も予想だにしなかった結果です。

40代後半でも離婚歴のある男性のうち、約4割が30代前半までの女性と結婚!

 

40代後半でも傾向は変わりません。未婚男性より、離婚歴がある男性の方が、若い女性と結婚する割合が高いのです。20代の女性と結婚する割合は、未婚男性が10%弱なのに対して、バツあり男性は17パーセント。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。20代女性と結婚できる40代後半男性の割合

 

30代前半までの女性と結婚する割合は、未婚男性が25.6%。バツあり男性は 37.5%。

 

40代バツあり男性の方が未婚男性よりモテる。30代前半までの女性と結婚できる40代前半男性の割合

 

40代後半においても、バツあり男性は未婚男性より若い女性にモテると言えるでしょう。

なぜ40代のバツあり男性はモテるのか?

 

一昔前は、離婚はネガティブに捉えられていましたが、今や婚姻全体の約3割が再婚なので、離婚自体はごく一般的な現象と受け取られるようになりました。こうした実情に伴って離婚経験者(バツあり)に対するイメージが様変わりしたのです。

 

例えばインターネットメディア大手Allaboutの調査によると「結婚したい相手が離婚経験者だった場合に思うこと」という質問に対して、20代女性の約6割、40代女性の約7割が「問題ない」旨の回答をしています。

 

40代バツイチの方が未婚男性より若い女性にモテる。40代前半で35歳までの女性と結婚した割合。気にしない女性が6〜7割

 

しかも、そのその理由として、「人の痛みを知っていそう」「経験が豊富そう」といった具合に離婚経験に美点を見出しているのです。40代未婚男性は、得てして「いい歳して結婚もしていない」と変人扱いされるのとは対象的ですね。このあたりの認識の差が、40代のバツあり男性が40代の未婚男性より女性にモテる原因なのでしょう。

40代バツあり男性の最大のウィークポイントとは?

 

実は先のAllaboutの意識調査、ある前提があります。それは子供がいない場合というもの。同じ離婚経験者でも、子供がいるのといないのとでは、女性の捉え方がおおきく変わります。

 

具体的には、前述のとおり40代バツあり男性(子なし)では、前述のとおり20代女性の約6割、40代女性の約7割が「問題ない」と回答している一方、40代バツあり(子有り)のケースでは、「問題ない」と答えた割合は20代女性の約25%、40代女性の約3割と半数以下と激減してしまいます。

 

40代バツイチの方が未婚男性より若い女性にモテる。40代前半で35歳までの女性と結婚した割合。子ども有りの場合には女性の許容度が半減する

 

子供がいると金銭的な負担が発生するし、しがらみも断ち切れません。女性はそのあたりをシビアに評価するということなんでしょう。

 

ここである女性の意見を紹介します。インターネットのよろず相談コーナーに掲載されたもので、質問者は子持ちのバツイチ40代男性。小学生のお子さんは前妻が育てているという状況。この男性の質問は、それでも恋愛対象や結婚対象になるか?というもの。

 

40代バツイチの方が未婚男性より若い女性にモテる。40代前半で35歳までの女性と結婚した割合。ネットのよろず相談コーナーのQ&A

 

この質問に対するある女性の回答が辛辣なのですが、一定数の女性の本音を表していると思うのです。理由を次のように挙げています。

 

・理由その1.子供を抱える女性は夫に愛想を尽かさないかぎり、大半が結婚にしがみつくものです。男性側に何らかの離婚原因があるはずです。いくら「俺は悪くない」「浮気もDVもない」「前の妻が悪い」といったところで、男性側の話のみでは公正な判断はできません(だから避けた方が無難)。

 

・理由その2.養育費の支払いが、子供が成人になるまで(約15年ほど)続くから。後妻からしてみたら資産の紐付けのないローンを支払い続けるのと変わりません。結婚当初は納得していても、生活に余裕がなくなれば苛立ちに変わり、結婚そのものを後悔するようになるのは目に見えてます。

 

・理由その3.前妻の身になにかあれば子供は引きとることになるから。「100%ありえない。絶対にない」とは言い切れませんよね?

 

・理由その4.年齢的に40代というのがネックです。よほどの富裕層でないかぎり、40代男性との結婚は女性にとって大きなリスク。定年までのタイムリミットが20年きっているし。子作りのこと、老後の蓄えのことなど考えると年齢的にキツいーー。

 

・理由その5.将来的に前妻の子供と後妻のあいだで財産分与の問題が発生するので、子供に煩わしい思いをさせることになります。

 

・理由その6.結婚年数に応じて、年金分与で年金が減額されることになるから。

 

 

なんだか身も蓋もない話ですね。このように突き詰めて考えると、40代バツイチ&子あり男性は結婚に対してネガティブな材料がたくさん出てきます。がしかし、先の調査が示すとおり、すべての女性がこんな風に計算高いわけではありません。

 

私は仕事柄(=中年男性専門の婚活コンサル)、40代バツイチで子有りの男性が幸せな結婚をするのを見届けてきました。「それでも構わない」と言ってくれる女性は探せばいるし、親密な関係を築くテクニックや結婚に踏み切らせるサポート体制も存在します。

 

うまく行くかいなかいか。やり方次第なんですよね。全ては正しい戦略と継続的な努力が鍵を握っています。